Fujisawa Net Museum



遺跡

解説

 江の島は、藤沢市域の南端に位置し、市内では最古の地層である新生代第三紀(約1500万年前)の葉山層を基盤とした標高約60mを測る丘陵地です。藤沢市内では、350個所を超える遺跡が確認されていますが、江の島では、これまでに次のとおりの3個所の遺跡が確認されています。江ノ島神社境内遺跡(江島神社中津宮付近)では、1959年(昭和34年)、エスカーの建設工事中に、古墳時代の円筒埴輪片(えんとうはにわへん)や中世のかわらけが発見されています。
 また、№56遺跡(江島神社奥津宮付近)では、縄文時代のものと思われる石斧(せきふ)が表面採集されています。
さらに、江の島の頂上部にある江ノ島植物園内遺跡では、縄文時代早期の住居をはじめ、土器や石器などの生活道具が発見されています。

江ノ島植物園内遺跡住居跡確認状況

江ノ島植物園内遺跡住居跡確認状況

江ノ島植物園内遺跡の解説

 江ノ島植物園内遺跡は、江の島の頂上部、標高60mを測る旧江ノ島植物園内にあります。1951年(昭和26年)、旧展望灯台の建設工事の時に、縄文時代早期などの土器片や石器などが採集され、この地点が遺跡であることが確認されました。
2002年(平成14年)には、現在の新しい展望灯台の建設工事にともなって発掘調査が行われ、縄文時代早期(約9000年前)を中心とする土器や石器などの遺物とともに、住居や集石(しゅうせき)などの遺構が確認され、この地が人びとの生活の場であったことが明らかにされました。

 

発掘調査で確認された江ノ島植物園内遺跡の主な遺構と遺物

時代 主な遺構 主な遺跡
縄文時代早期 竪穴住居(20軒)
集石遺構(1基)
焼土址(3基)
土坑(2基)
ピット(43基)
縄文土器(1,219点)
石器(1,238点)
 打製石斧・礫器・局部磨製石斧・石鏃
 磨製石斧・尖頭器・敲石・磨石・石皿
 凹石・台石・剥片・二次加工剥片
 石核・加工礫
礫(12,366点)

江ノ島植物園内遺跡一覧

沈線文土器 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

沈線文土器

 

 

くわしく
 
条痕文土器 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

条痕文土器

 

 

くわしく
 
押型文土器 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

押型文土器

 

 

くわしく
 
沈線文・縄文土器 縄文時代後期 江ノ島植物園内遺跡

沈線文・縄文土器

 

 

くわしく
 
沈線文土器 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

打製石斧・局部磨製石斧

 

 

くわしく
 
沈線文土器 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

1号住居跡

 

 

くわしく
 
2号住居跡 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

2号住居跡

 

 

くわしく
 
3号住居跡

3号住居跡

 

 

くわしく
 
集石遺構

集石遺構

 

 

くわしく
 
屋外炉

屋外炉

 

 

くわしく
 
夏島式土器

夏島式土器

 

 

くわしく
 
夏島式土器

夏島式土器

 

 

くわしく
 
夏島式土器

夏島式土器

 

 

くわしく
 
夏島式土器

夏島式土器

 

 

くわしく
 
三戸式土器

三戸式土器

 

 

くわしく
 
押型文土器

押型文土器 

 

 

くわしく
 
押型文土器

押型文土器

 

 

くわしく
 
押型文土器

押型文土器

 

 

くわしく
 
押型文土器

押型文土器

 

 

くわしく
 
礫器

礫器

 

 

くわしく
 
打製石斧・局部磨製石斧

打製石斧・局部磨製石斧

 

 

くわしく
 
磨製石斧

磨製石斧

 

 

くわしく
 
磨石

磨石

 

 

くわしく
 
石皿

石皿

 

 

くわしく
 
石皿

石皿

 

 

くわしく
 
尖頭器

尖頭器

 

 

くわしく
 
石鏃

石鏃

 

 

くわしく
 
剥片・石核

剥片・石核

 

 

くわしく
Page Top