Fujisawa Net Museum



青銅鳥居

青銅鳥居

青銅鳥居

解説

世話人の八百屋善四郎は文化文政の頃(19世紀初め)に江戸で繁盛した料理屋「八百善」の主人です。八百善は、明暦の大火(1657)後に新鳥越2丁目(山谷)で八百屋を始め、後に料理屋に発展しました。4代目の八百善主人は文人墨客と交流があり、著書『料理通』には谷文晁、葛飾北斎や奥津宮の天井絵の作者酒井抱一などが挿画を寄せています。 


Page Top