Fujisawa Net Museum



中津宮

中津宮

中津宮

解説

辺津宮境内を出てさらに進むと中津宮にたどり着きます。途中、エスカーに乗れば降りたところがすぐ朱塗りの拝殿です。境内には歌舞伎の中村座や市村座の奉納灯籠ほか、多くの奉納石造物があり、江戸時代の商人・芸人・庶民の信仰の深さを伝えています。

 

 

中津宮

中津宮

江戸時代には「上之宮」と呼ばれ、祭神は、市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)です。創建は仁寿3年(853)と伝わります。現在の社殿は平成8年(1996)の全面改修により 元禄2年(1689)当時を再現したもので、 幣殿・拝殿の天井には花鳥画や彫刻が施されています。


 
 
江島縁起碑

江島縁起碑

中津宮正面石段の踊り場にあります。儒学者葛西因是(1764~1823) の文による江の島の縁起が刻まれています。文化元年(1804)に建てられました。


 
 
コッキング夫妻奉納石柱

コッキング夫妻奉納石柱

江島縁起碑の裏にあります。下部は土中に埋もれて見えませんが、以前の調査によれば「横浜居留地 コッキング 宮田リキ」とあります。


 
 
不老門再建記念碑

不老門再建記念碑

以前は、中津宮の前に不老門がありました。明治6年(1873)に取り除かれ、今は文久元年(1861)に、現在は相模湖に沈んだ津久井郡勝瀬村の富豪岡部政右衛門が再建したときの記念碑が残るだけです。


 
 
市村座奉納灯籠右

市村座奉納灯籠一対

安永6年(1777)に当時江戸葺屋町(ふきやちょう。現中央区日本橋人形町)にあった芝居小屋の市村座が奉納した灯籠です。市村座は、寛文7年(1667)頃、市村宇左衛門が始めた芝居小屋で、天保13年(1842)に葺屋町から猿若町(さるわかちょう。現台東区浅草)に移転しました。明治25年(1892)に下谷二長町(現台東区台東)に移り、大正から昭和初期にかけて初代中村吉右衛門や六代目尾上菊五郎が活躍しましたが、昭和7年(1932)に焼失しました。


市村座奉納灯籠右

 


 
 
中村座奉納灯籠右

中村座奉納灯籠一対

天明2年(1782)に当時江戸堺町にあった芝居小屋の中村座ほかが奉納したものです。中村座は初代中村(猿若)勘三郎によって寛永元年(1624)に中橋広小路(現中央区京橋)に猿若座という名で作られたのが始まりといわれています。江戸で最も権威のある芝居小屋で、慶安4年(1651)に堺町(現中央区日本橋人形町)に移り、天保13年(1842)には猿若町(現台東区浅草)に移り、明治時代にも場所・名前を変えて存続しましたが、明治26年(1893)に焼失しました。 中村座の座元の家柄が中村家です。


中村座奉納灯籠右

 


 
 
石狗

石狗一対

宝暦13年(1763)に江戸麹町(こうじまち。現千代田区)の講中が奉納したものです。


石狗

 


 
 
嗽水盥

嗽水盥

元禄3年(1690)に奉納されたものです。銘には「江嶋上之宮」とあります。



Page Top