Fujisawa Net Museum



児玉神社

児玉神社

児玉神社

解説

明治時代の陸軍大将、児玉源太郎(1853~1906)の霊をまつって大正7年(1918)に創建されました。源太郎は日露戦争の満州軍総参謀長のほか、文部大臣、内務大臣、台湾総督、南満州鉄道経営委員長などを歴任しました。境内には東京市長などを勤めた後藤新平の詩碑、元勲山県有朋の歌碑、などがあります。また、珍しい台湾の狛犬があります。


Page Top