Fujisawa Net Museum

12.藤沢駅地下道

昔の藤沢

写真提供者:藤沢市

高度経済成長期の東海道線藤沢駅踏切。かつて「開かずの踏切」といわれた東海道線藤沢駅東側の踏切を南口から北へ眺めたもの。遊行通りの入口には「時衆総本山遊行寺」と書かれた看板のアーチが掛かり、その左側の大きな建物が料亭「角若松」である。この踏切は、昭和40年(1965)8月に南北を結ぶ地下道が開通して閉鎖となった。


昔の藤沢

かつて「開かずの踏切」のあった場所に、昭和40年(1965)8月に地下道が開通し、東海道線のホームが延長された。地下道を出ると遊行通りにつながるが、現在は大きなビルに挟まれ、高度経済成長期前の参詣道としての雰囲気は変貌している。

撮影日: 2004年2月
撮影場所: 東海道線藤沢駅東側
撮影者: 藤沢市
写真提供者: 藤沢市
Page Top