資料詳細

一覧へ戻る

東海道五十三対 日本橋
資料番号 10092
資料名 東海道五十三対 日本橋
(とうかいどうごじゅうさんつい にほんばし)
分類 藤沢ゆかりの文物・見立を描いた作品
作者 歌川 国芳 詳細
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 日本橋
解説
大判縦1枚 縦36.6 横25.0
製作時期:天保14年(1843)~弘化4年(1847)。板元:伊場仙(伊場屋仙三郎)

画面手前にみえる欄干は日本橋の欄干です。画面背景の右奥には江戸城、さらに左奥には富士山が見え、東海道の起点であった日本橋を表す定番の構図となっています。

このシリーズは、初代広重、三代豊国、国芳の3人の当時代表的人気浮世絵師が分担して描いたものです。風景は少なく人物を主とし、下3分の2が画面で、それぞれの宿にちなんだ伝説、史跡、著名な出来事等を描き、上3分の1に下の絵の説明がなされています。
関連資料 東海道五十三対 詳細

Page Top