資料詳細

一覧へ戻る

東海道五十三対 岡部
資料番号 10113
資料名 東海道五十三対 岡部
(とうかいどうごじゅうさんつい おかべ)
分類 藤沢ゆかりの文物・見立を描いた作品
作者 歌川 国芳 詳細
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 岡部
解説
大判縦1枚 縦36.6 横25.0
製作時期:天保14年(1843)~弘化4年(1847)。板元:伊場仙(伊場屋仙三郎)

岡部の宇津山(うつやま)には「猫石」(ねこいし)という巨石があり、これはその昔、山猫が老女に化けて人々を脅かしていたが、石に姿を変えたものであるという逸話があります。画中では、老婆が少女に襲いかかる場面が描かれていますが、これは「岡崎宿」を舞台とした「獨(ひとり)道中(どうちゅう)五十三驛(ごじゅうさんえき)」の「岡崎の化け猫」を題材としているものと思われます。

このシリーズは、初代広重、三代豊国、国芳の3人の当時代表的人気浮世絵師が分担して描いたものです。風景は少なく人物を主とし、下3分の2が画面で、それぞれの宿にちなんだ伝説、史跡、著名な出来事等を描き、上3分の1に下の絵の説明がなされています。
関連資料 東海道五十三対 詳細

Page Top