資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道俳優双禄
(とうかいどうはいゆうすごろく)
作者 豊原国周 詳細
時代 明治
時代詳細 明治15年(1882)
解説
版元:神山清七(かみやませいしち)
京都を振りだし、東京を上がりにしています。東海道の各宿(駅)にゆかりの歌舞伎の外題の当たり役の俳優を描いた双六で、藤沢は青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)(通称、白波(しらなみ)五人男(ごにんおとこ))の弁天小僧菊之助(べんてんこぞうきくのすけ)で、演ずる尾上菊五郎(おのえきくごろう)、が描かれています。

Page Top