資料詳細

一覧へ戻る

資料名 婦女庭訓 阥阦 妹背山
(おんなていきん おんよういもせやま)
作者 葛飾 北斎 詳細
時代 江戸
時代詳細 文化7(1810)年
解説
振鷺亭主人 (しんろていしゅじん)作 葛飾北斎 (かつしかほくさい)画 
文化7(1810)年刊
6巻6冊
江戸時代の小説の一種【読本】(よみほん)。読本は長編が多く、筋立ても概して複雑で、伝奇的・教訓的なものが多いのが特徴です。
物語は、吉野朝(よしのちょう)(南北朝時代)最後の皇統、円満院の宮吉野王(えんまんいんのみやよしのおおきみ)が蘇我入鹿(そがのいるか)の悪霊に憑かれて禁中より神鏡を盗み出し、赤松(あかまつ)、太宰家(だざいけ)の旧臣たち が吉野朝に潜入してこれを奪還し、家門 の再興を果たすというもの。

Page Top