資料詳細

一覧へ戻る

東海道一 五十三次之内 日本橋(蔦屋版)
資料番号 10209
資料名 東海道一 五十三次之内日本橋 曙之図(蔦屋版)
(とうかいどうごじゅうさんつぎのうち にほんばし あけぼののず(つたやばん))
分類 藤沢宿名所(江の島・遊行寺・四ッ谷・南湖)
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
時代詳細 弘化4年(1847)~嘉永5年(1852)
形態・用途 書画
場所 日本橋
解説
東海道の始点であり、江戸の人々の台所とも言える魚河岸(うおがし)もあった日本橋は、通常人々が行き交い活気のある景色が多く描かれます。しかし、この蔦屋版では人通りもまばらで魚売りの姿も見られません。まだ薄暗い明け方の景色が描かれていると考えられ、静けさを感じさせる趣(おもむき)の作品となっています。

中判横1枚 縦18.1 横24.5
製作時期:弘化4年(1847)~嘉永5年(1852)。板元:蔦屋吉蔵
このシリーズは板元名から俗に蔦屋版東海道と呼ばれます。
関連資料 蔦屋版東海道 詳細

Page Top