資料詳細

一覧へ戻る
資料名 大山詣役者見立 菊松 尾上菊五郎
(おおやまやくしゃみたて きくまつ おのえきくごろう)
作者 歌川周重 詳細
時代 明治
時代詳細 明治13年(1880)
解説
 明治13年(1880年)に東京の新富座で上演された歌舞伎舞踊「首尾四谷(しゅびもよつや)色大山(いろにおおやま)」を描いた作品です。大山詣を題材にした演目で、題名は「首尾も良し」の“よし”に、大山道(おおやまみち)入口の地名「四ツ谷(よつや)」(藤沢市城南)の“よつ”を掛けたものです。
主要人物7人(展示では6人分)を役者の似顔で一枚ずつ描いています。

Page Top