資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五拾三次 日本橋(狂歌入東海道)
(とうかいどうごじゅうさんつぎ にほんばし)(きょうかいりとうかいどう))
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
時代詳細 天保11年頃(1840)
形態・用途 中判錦絵
解説
狂歌
あのや幸久
日本橋 たゞ一(ひと)すぢに都まで 遠くて近き はるがすみかな

画面手前を横切るように描かれた日本橋を、大名行列が渡る様子を描いています。橋向こうに立ち並ぶ蔵や、川の両岸に停泊する舟は、一点(いってん)透視(とうし)図法(ずほう)を用いて描かれています。遠景の右には江戸城の城郭、左には富士山が描かれおり、浮かぶように描かれた富士山と、大名行列の高く伸びた毛槍でもって画面上部に空の広がりを演出しています。

Page Top