資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五拾三次 品川(狂歌入東海道)
(とうかいどうごじゅうさんつぎ しながわ(きょうかいりとうかいどう))
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
時代詳細 天保11年頃(1840)
解説
狂歌
花前亭友頼 
送り来る 旅の別(わかれ)も 親舟を 見かへりながら 過(すぎ)る品川

手前に品川宿を俯瞰的(ふかんてき)に描き、その右奥に漁師町と品川沖が広がっています。宿場に描かれる人々は旅人だけでなく、膳を運ぶ人や棒手振(ぼてふ)り(行商人)、または客を運ぶ駕籠(かご)かきなどが忙しなく行き交っています。中景の左には帆をたたみ停泊する廻船が見え、賑やかな宿場と対照に穏やかな海が描かれています。

Page Top