資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五拾三次 川崎(狂歌入東海道)
(とうかいどうごじゅうさんつぎ かわさき(きょうかいりとうかいどう))
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
時代詳細 天保11年頃(1840)
形態・用途 中判錦絵
解説
狂歌
春園静枝 
春霞 ともに立出て めをとばし わたりつるみの 心のとけし

六郷(ろくごう)川(がわ)を西側(川崎側)の岸から見た景色です。六郷川を行き交う渡し舟には、多くの人が乗る様子が見え、川崎宿あたりの交通量の多さがうかがえます。画面左下にみえる簡素な小屋は川(かわ)会所(かいしょ)で、川を渡る人々はここで料金を払っていました。川岸で舟を待つ親子や、話し込むような女性の姿など、街道をゆく人々の情景も描かれています。

Page Top