資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五拾三次 神奈川(狂歌入東海道)  
(とうかいどうごじゅうさんつぎ かながわ(きょうかいりとうかいどう))
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
時代詳細 天保11年頃(1840)
形態・用途 中判錦絵
解説
狂歌
松本亭篶躬 
双六の 旅もいろはの かな川に あがるもたのし 春雨の空

神奈川台(かながわだい)のはずれにある簡素な茶屋と、その後景に広がる神奈川沖が描かれています。神奈川沖の右奥に見えるのは野毛(のげ)と本牧(ほんもく)です。海上をすすむ帆船は遠くなるにつれて小さく描かれ、画面奥へと続く広大な海が表現されています。神奈川台の高台から海を見渡す風景が評判となり、神奈川台には多くの茶屋が軒を連ね賑わっていましたが、この画ではその喧騒から離れてのどかな風景が描かれています。

Page Top