資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五拾三次 保土ヶ谷 境木立場(狂歌入東海道)  
(とうかいどうごじゅうさんつぎ ほどがや さかいぎたてば(きょうかいりとうかいどう))
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
時代詳細 天保11年頃(1840)
形態・用途 中判錦絵
解説
狂歌
遊鶴亭千代子 
諺(ことわざ)の まはるもはやき 双六や いそげばいそぐ 程(ほど)がやのえき

境木(さかいぎ)の立場(たてば)の情景が描かれています。立場の茶屋からの景色を楽しむ客や、店の外で駕籠(かご)に乗ったまま注文する客、茶屋のすぐ前の街道を行き交う人々などが描かれ、立場の賑わいが伝わってきます。生い茂る松の木や色味を抑えた背景に、色彩豊かな茶屋の風景が映える作品です。

Page Top