資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五拾三次 赤坂(狂歌入り東海道)
(とうかいどうごじゅうさんつぎ あかさか (きょうかいりとうかいどう))
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
時代詳細 天保11年頃(1840)
解説
狂歌
鳴門静丸
双六と ともにふり出す 髭(ひげ)奴(やっこ) 名を赤坂の 宿にとゝ゛めて
 月夜に照らされた赤坂宿と街道が描かれています。画面上部のぼかしの中に浮かぶ月は、「府中」の場面と共通するものがあります。

このシリーズは図柄の中に狂歌が1首づつ折り込まれているために俗に「狂歌入東海道」と呼ばれています。

Page Top