資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五拾三次 藤川(狂歌入り東海道)
(とうかいどうごじゅうさんつぎ ふじかわ (きょうかいりとうかいどう))
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
時代詳細 天保11年頃(1840)
解説
狂歌
常盤園繁躬
行過(ゆきすぎ)る 旅人とめて 宿引(やどひき)の 袖にまつはる ふち川の駅
 藤川宿の東のはずれにある山中村(やまなかむら)の風景を描いています。画面手前の馬に乗った旅人がいる辺りで空間を区切ることにより、高い位置から低い位置へとつながる山道の傾斜を表現しています。

 このシリーズは図柄の中に狂歌が1首づつ折り込まれているために俗に「狂歌入東海道」と呼ばれています。

Page Top