資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五拾三次 京 三条大橋ノ図(狂歌入り東海道)
(とうかいどうごじゅうさんつぎ きょう さんじょうおおはしのず (きょうかいりとうかいどう))
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
解説
狂歌
鶴の屋松門
鳴神の 音にきこえし 大橋は 雲の上ふむ こゝちこそすれ
 鴨川(かもがわ)に架かる三条(さんじょう)大橋(おおはし)を、茶筅(ちゃせん)売(う)りや絹(きぬ)被(か)衣(ずき)の公家の子女、日傘をさす武士など様々な身分の人々が行き交っています。遠近法を用いて中心に描かれた三条大橋の向こうには京の家並みと、遠景右の山の中腹には清水寺(きよみずでら)が見えます。遠景中央に浮かび上がるように描かれた山が、より画面に奥行きを感じさせます。

Page Top