資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 懸川
(とうかいどうごじゅうさんつぎ かけがわ)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
 掛川宿の西には、秋葉神社(あきはじんじゃ)への参詣路である秋葉(あきは)道(みち)の追分(おいわけ)がありました。秋葉神社は火伏(ひぶせ)の神として江戸時代に全国的に篤く信仰されていました。

Page Top