資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 見附
(とうかいどうごじゅうさんつぎ みつけ)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
 天竜川(てんりゅうがわ)を渡る舟が行き交う場面を描いています。穏やかな舟渡しの情景ですが、実際の天竜川は「あばれ天竜」ともよばれ、急流として知られていました。

天竜川(てんりゅうがわ)の渡しを描いています。舟の奥に見えるのは中州で、2つに分かれる天竜川の舟の乗り継ぎも行われました。

Page Top