資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 京 三條大橋
(とうかいどうごじゅうさんつぎ きょう さんじょうおおはし)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
 鴨川(かもがわ)に架かる三条大橋(さんじょうおおはし)を、茶筅売(ちゃせんうり)や薪を頭に載せた大原女(おはらめ)、花かごを頭に載せた白川女(しらかわめ)日傘をさす武士など様々な身分の人々が行き交っています。

Page Top