資料詳細

一覧へ戻る

資料名 五拾三次景色入女画 袋
(ごじゅうさんつぎけしきいりおんなえ ふくろ)
作者 三代 歌川 豊国(国貞) 詳細
時代 江戸
時代詳細 天保4年頃(1833)
解説
 『五拾三次景色入女画』全作品を、まとめて販売した際に使った袋の一部と考えられます。中央に大きく題名が配され、その左には「香蝶楼国貞画」とあります。この“香蝶楼”とは国貞の斎号のひとつで、絵師の英一蝶に私淑したことにより“蝶”の字を用いたとされています。
本作は複数の版元による共同出版の作品のため、「東都(江戸のこと) 芝神明町(ちょう) 喜鶴堂(版元の佐野屋喜兵衛馬喰町二丁目 錦森堂(版元の森屋治兵衛合板」と記されています。
合板=共同出版

Page Top