資料詳細

一覧へ戻る

資料名 参宮上京道中一覧双六
(さんぐうじょうきょうどうちゅういちらんすごろく)
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政4年(1857)
解説
 江戸時代、道中双六は数多く作られました。特に多かったのが東海道中双六でした。この双六は、江戸から京都に向かう途中、伊勢神宮に立ち寄る経路で描かれています。右下が振り出しの日本橋、右上が上がりの京都です。画は実際の地理とは異なるダイナミックな構図を用い、東海道が富士山を取り囲んでいるかのように強調されています。

Page Top