資料詳細

一覧へ戻る

資料名 四季の楽しみ双六
(しきのたのしみすごろく)
作者 作者不詳 詳細
時代 江戸
解説
 江戸時代の四季の行事や風物を主題とした双六で、サイコロの目によって様々なコマへ飛び移る「飛び双六」です。画面下の振り出しで、サイコロを振り、1は恵方参、2は福引、3は初卯(正月最初の卯の日の神社詣)、4は梅見、5は初午(二月最初の午の日の稲荷社の祭)、6は隅田川(行楽)に進み、最後に画面上の「初春」まで行けば、あがりとなります。
振り出しの左上には「江の嶋」のコマがあり、女性たちが初夏の頃に江の島へ向かう様子が描かれています。江の島詣が江戸時代の四季の風物の一つとして浸透していたことが分かる資料となっています。

Page Top