資料詳細

一覧へ戻る

資料名 七変化の内 ちょぼくれ 坂東三津五郎
(しちへんげのうち ちょぼくれ ばどうみつごろう)
作者 歌川豊国 詳細
時代 江戸
時代詳細 文化頃(1804~1818)
解説
※所蔵:伊勢原市教育委員会

 文化8年、江戸市村座で三代目坂東(ばんどう)三津五郎(みつごろう)が演じた所作事(しょさごと)(歌舞伎舞踊)七変化(しちへんげ)中の「願人(がんにん)坊主(ぼうず)」の場面が描かれています。「願人」に掛けて、木太刀を持った大山詣(まい)りの姿になっています。
「ちょぼくれ」(ちょんがれ、ともいう)は江戸後期に流行した大衆芸能で、願人坊主などの大道芸人が演じました。

Page Top