資料詳細

一覧へ戻る

五十三次名所図会 四十五 石薬師(竪絵東海道)
資料番号 10306
資料名 五十三次名所図会 四十五 石薬師 義経さくら範頼の祠(竪絵東海道)
(ごじゅうさんつぎめいしょずえ しじゅうご いしやくし よしつねさくらのりよりのほこら(たてえとうかいどう))
分類 藤沢宿名所(江の島・遊行寺・四ッ谷・南湖)
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政2年(1855) 
形態・用途 書画
場所 石薬師
解説
大判縦1枚 縦35.3 横24.0
製作時期:安政2年(1855)。板元:蔦屋吉蔵

 源義経(みなもとのよしつね)の異母弟である範頼(のりより)は、平氏追討の際に先勝祈願のため桜の枝を逆(さか)さに地面にさしたところ、それが芽を出し立派な桜の木になったという伝承があります。この桜は範頼にゆかりのあるものですが、いつしか「義経桜(よしつねざくら)」とも呼ばれるようになりました。また、「石薬師の蒲桜(かばざくら)」とも呼ばれ、現在でも花を咲かせているようです。フィンセント・ファン・ゴッホの「タンギー爺さん」の背景には、いくつか浮世絵が模写されていますが、この画はそのうちの一つにあげられています。

このシリーズが竪(たて)型版であるため、一般に竪絵(たてえ)東海道と呼ばれ、広重晩年(59才)の作品です。広重の東海道ものは大体において、横型の風景画が多いなかで、竪型物もいくつかあります。この名所図会シリーズではほとんどの宿が鳥瞰図で描かれ、町並み等に遠近法を用い、横判では見られない雰囲気をかもし出しています。
関連資料 五十三次名所図会 詳細

Page Top