Fujisawa Net Museum



夏島式土器

夏島式土器 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

夏島式土器 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

夏島式土器の内面

夏島式土器の内面

解説

 器表面に縦方向の撚糸文(よりいともん)が施された口縁部片で、夏島式土器ととらえられる縄文時代早期の土器(左:残存幅8.2㎝)です。どちらの土器にも補修孔と呼ばれる穴が開けられていますが、これは土器が割れたりした時に、土器に穴を開け、紐で結んで再使用したものと考えられるものです。これらの土器にも部分的に文様の消えかかったり、消えているところが認められます。

 
Page Top