Fujisawa Net Museum



押型文土器

押型文土器 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

押型文土器 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

押型文土器の内面

押型文土器の内面

解説

 器表面に長楕円形状の押型文(おしがたもん)が施された縄文時代早期の土器で、左(残存幅2.8㎝)は口縁部片、右は胴部片です。この土器も、いわゆる「ネガティブ押型文土器」ですが、これと類似する土器に関西地方の神宮式土器と呼ばれる土器があり、何らかの形で東海地方以西とのつながりを想定させる土器です。しかし、文様(もんよう)は似ていますが、土器のつくり方が神宮式土器とは相違するという指摘もあります。

 
Page Top