Fujisawa Net Museum



押型文土器

押型文土器 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

押型文土器 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

押型文土器の内面

押型文土器の内面

解説

 器表面に山形の押型文(おしがたもん)が施された縄文時代早期の土器で、いずれも胴部片(左:残存幅6.4㎝)です。この押型文土器は、いわゆる「ネガティブ押型文土器」とは違い、山形の刻みを施した木の棒などを土器の表面に転がすと、山形が盛り上がり、文様(もんよう)が施されます。この土器も東海地方や中部高地で多く発見される土器です。

 
Page Top