Fujisawa Net Museum



礫器

礫器 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

礫器 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

礫器の裏面

礫器の裏面

解説

 礫(れき)を分割して必要最低限の加工を施して刃部をつくり出した石器です。礫器(れっき)と呼ばれていますが、石鏃(せきぞく)などの小さな石器をつくる時に必要な石片(剥片・はくへん)をとった残りのもの(石核・せっかく)とする見方もあります。左の礫器は、幅9.6㎝、重さ283.4gで、右の礫器は、幅8.6㎝、重さ274.1gで、石質は双方ともに凝灰岩です。所産時期は、縄文時代早期と考えられます。

 
Page Top