Fujisawa Net Museum



打製石斧・局部磨製石斧

打製石斧・局部磨製石斧 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

打製石斧・局部磨製石斧 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

打製石斧・局部磨製石斧の裏面

打製石斧・局部磨製石斧の裏面

解説

 礫(れき)を素材として、殴打によって形や刃先を調整した打製石斧(だせいせきふ)で、縄文時代早期のものです。その中で、左から2番目の石斧は、刃先の部分を磨き鋭利にしており、局部磨製石斧(きょくぶませいせきふ)と呼ばれています。各々の石斧の大きさは、左から、長さ10.0㎝・重さ164.1g、長さ7.4㎝・重さ73.4g、長さ7.2㎝・重さ51.8g、長さ9.3㎝・重さ84.0gで、石質はいずれも砂岩です。

 
Page Top