Fujisawa Net Museum



石皿

石皿 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

石皿 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

石皿の裏面

石皿の裏面

解説

 磨石(すりいし)とセットで使われた石器で、石皿(いしざら)と呼ばれています。素材の礫(れき)にはほとんど加工の痕跡は見られず、器面中央部は、何かを磨り潰した痕跡と思われますが、光沢を帯びています。この石皿は欠損品で、本来はこの倍くらいの大きさがあったものと思われます。大きさは、残存長16.5㎝重さ2,873.8gで、石質は、砂岩です。所産時期は、縄文時代早期と考えられます。

 
Page Top