Fujisawa Net Museum



尖頭器

尖頭器 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

尖頭器 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

尖頭器の裏面

尖頭器の裏面

解説

 槍の先端に使われた石器で、尖頭器(せんとうき)と呼ばれています。この石器は、縄文時代以前の後期旧石器時代後半に主に使われた道具ですが、江ノ島植物園内遺跡では、旧石器時代の人びとの足跡(そくせき)は確認されておらず、また、この石器の出土地層が黒土であることなどから、縄文時代早期のものと考えられます。大きさは、長さ5.1㎝、重さ10.9gで、石質は凝灰岩です。

 
Page Top