Fujisawa Net Museum



石鏃

石鏃 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

石鏃 縄文時代早期 江ノ島植物園内遺跡

石鏃の裏面

石鏃の裏面

解説

 石鏃(せきぞく)と呼ばれる「矢じり」です。主に弓矢の矢の先端に使われたものと考えられています。形状は三角形で、矢柄と石鏃をつなぐ部分に抉(えぐ)りを入れてへこませているものが一般的です。左の石鏃(長さ1.1㎝・重さ0.3g)は左脚部が欠損し、右の石鏃(残長1.5㎝・重さ0.6g)は右脚部と先端部が欠損しています。石質は、双方ともに黒曜石で、縄文時代早期の所産と考えられます。

 
Page Top