Fujisawa Net Museum



石造物

福石

福石

福石

 

年代

江戸時代

所在地

辺津宮下[石段踊り場]

解説

杉山和一は江戸で鍼術を志しましたが上達しませんでした。失意のうち故郷伊勢(三重県)に帰る途中に立ち寄ったのが江の島です。和一は岩屋に21日間籠もり、満願の日の帰路にこの石につまずいて転んでしまいます。その時、思わずて手にしたのは、筒型に丸まった葉(竹の管ともされています)で中に松葉が一本入っていました。これをヒントにして、管鍼(くだばり)術を創案したと言われています。この石の周りで物を拾うと福が授かると言われています。

 
Page Top