Fujisawa Net Museum



石造物

巳待灯籠

巳待灯籠

巳待灯籠

 

年代

元文6年(1741)

所在地

江島神社〔辺津宮あたり〕

解説

元文6年(1741)に江戸本所(現墨田区)の石坂講中が建てたものです。巳待(みまち)とは、巳の日に講の人々が集まって、深夜まで飲食して精進供養をし、身体安全や家内・村内安全、五穀豊饒などを祈ること行事です。弁財天の使いが蛇であることから、巳待では弁財天を本尊として祀ることが多く行われました。

 
Page Top