Fujisawa Net Museum



石造物

間宮霞軒の句碑

間宮霞軒の句碑

間宮霞軒の句碑

 

年代

昭和33年(1958)

所在地

江島神社〔中津宮あたり〕〕

解説

霞軒は岩本院の出身で永野泉山の門下です。江島神社奉納句会を主催するなど江の島俳壇の隆盛に貢献し、初代の江の島郵便局長も務めました。この句碑は、昭和33年(1958)、81歳の時に日本画家でもある飯田九一や大磯鴫立庵の18世鈴木芳如、江島神社宮司相原直八郎ら俳人有志が建てました。筆跡は自筆で「さし潮の 香を抱く 島の霞かな」とあります。

 
Page Top