Fujisawa Net Museum



石造物

福島漁村の句碑

福島漁村の句碑

福島漁村の句碑

 

年代

昭和31年(1956)

所在地

江の島2-4-8

解説

漁村(1868~1956)は旅館江の島館の主人で、永野泉山の門下のなかでは達吟の人と呼ばれました。「貝がらも 桜の名あり 島の春」とあります。また、地方自治にも参画して功績を残しました。この句碑は昭和31年(1956)句友や親戚らによって江の島館に建てられたもので、筆跡は俳人飯田九一です。なお、旅館は後に火事で焼失しました。

 
Page Top