Fujisawa Net Museum



石造物

山田検校顕彰碑

山田検校顕彰碑

山田検校顕彰碑

 

年代

大正6年(1917)

所在地

江島神社〔奥津宮あたり〕

解説

大正6年(1917)に筝曲山田流の流祖山田検校(1757~1817)を顕彰して座像と顕彰碑が建てられました。碑の文言は幸田成行(露伴)の撰です。山田検校は宝暦7年(1757)江戸に尾張藩宝生流能楽師三田了任の子として生まれました。名前は勝善です。幼くして目が不自由になりますが、山田黒松に生田流の筝を学び、後年に山田流を興しました。浄瑠璃の旋律を取り入れて人気を呼び、多くの門弟を持ち、その功績で検校を授けらています。代表作の一つ「江の島曲」は、江の島に滞在して作ったと伝わります。

 
Page Top