Fujisawa Net Museum



石造物

高木蒼梧の句碑

高木蒼梧の句碑

高木蒼梧の句碑

 

年代

昭和33年(1961)

所在地

江の島岩屋通り

解説

高木蒼梧(1888~1970)は、愛知県に生まれ長く大和市下鶴間に住んだ俳人・俳文学者で本名は錠吉、通称は譲てす。多くの著作がありますが、昭和35年(1960)『俳諧人名辞典』(明治書院)により文部大臣賞を受賞しました。これを祝して親交のあった江の島神社宮司相原直八郎が昭和36年(1961)年に建てたもので、蒼梧の自筆で「夏富士や晩籟〔風の音〕 神を鎮しむる 蒼梧山人」とあります。

 
Page Top