Fujisawa Net Museum



石造物

芭蕉の句碑

芭蕉の句碑

芭蕉の句碑

 

年代

寛政9年(1797)

所在地

稚児ヶ淵 江の島2-6-22

解説

「疑ふな 潮の花も 浦の春」とあります。元禄2年(1689)春の作で、芭蕉(1644~1694)が伊勢の二見ヶ浦の図を見て詠んだものです。寛政9年(1797)に建てられたもので、施主は京都の俳人組合、江の島をはじめ片瀬・鎌倉などの俳人が補助しました。この句が江の島の風情に似合うことから選ばれて造立されました。台座に「潮墳」とあり、潮墳の碑と呼ばれています。筆跡は柏園丈水(~1808)で、寛政期における江の島俳壇の指導者です。

 
Page Top