Fujisawa Net Museum



石造物

群猿奉賽像庚申供養塔

群猿奉賽像庚申供養塔

群猿奉賽像庚申供養塔

 

年代

江戸時代

所在地

山二つ

解説

塔の下部には蛇が巻き付き、塔身の四面には計36匹の猿が浮き彫りされて、猿の本尊である山王神を讃えています。建造年代が記されていませんが、江戸時代中~後期のものと考えられます。昭和38年(1963)に藤沢市の指定文化財となりました。

 
Page Top