Fujisawa Net Museum



石造物

杉山検校の墓

杉山検校の墓

杉山検校の墓

 

年代

元禄8年(1695)

所在地

西浦霊園

解説

杉山和一は(1610~94)は慶長15年、伊勢国に生まれました。幼くして失明し、鍼術を志して江戸へ出ましたが成功せず、帰郷の途中に江の島の岩屋に籠もって管鍼(くだばり)術を創案したと言われています。貞享2年(1685)5代将軍綱吉の病を治した功績により江戸の本所一ツ目に邸(現在は江島杉山神社。墨田区千歳1丁目)を賜り、元禄5年(1692)には関東総検校に任ぜられました。幕府の命令で鍼治講習所を開き、多くの門生を養成しています。江の島弁財天への信仰が篤く、下之宮(辺津宮)社殿を改修し、護摩堂・三重塔などを奉納し、また、藤沢宿から江ノ島への参詣者の道しるべとして道標を「江島道」に建てました。現存する道標の多くは藤沢市の指定文化財になっています。元禄7年に没し、本所根岸(現墨田区千歳3丁目)の弥勒寺に葬られましたが、翌年の命日に江の島にも墓が造立されました。昭和38年(1963)に藤沢市の指定文化財になりました。

 
Page Top