Fujisawa Net Museum



浮世絵

相州江之島ノ風景腰越ノ方ヨリ見図

勝川春章「相州江之島ノ風景腰越ノ方ヨリ見図」

勝川春章「相州江之島ノ風景腰越ノ方ヨリ見図」

 

解説

勝川春章(1726-1792)は役者絵で有名で、この絵は春章としてはめずらしい風景画です。江の島を中国の神仙思想にある蓬莱島に模しており、右手に富士、上部には雲が朱で描かれて日の出を暗示し、いわゆるお目出たい作品になっています。大判横1枚。制作時期:天明5年(1785)頃。

 
Page Top