Fujisawa Net Museum



浮世絵

冨嶽三十六景 相州江の嶌

葛飾北斎「冨嶽三十六景 相州江の嶌」

葛飾北斎「冨嶽三十六景 相州江の嶌」

 

解説

葛飾北斎(1760-1849)は勝川春章の門人でしたが、作域は広く浮世絵というジャンルだけでは捉えられない活躍をしました。この冨嶽三十六景は北斎最大の傑作シリーズもので、最初に刊行された36枚に加え、好評のため10枚が続刊されました。この絵に描かれた江の島は一見地続きのように見え、他の絵師の表現と較べて、平坦で山水画を思わせる作品となっています。大判横1枚。制作時期:天保年間(1830-44)。

 
Page Top