Fujisawa Net Museum



浮世絵

江島記行 兒ヶ淵

魚屋北渓「江島記行 兒ヶ淵」

魚屋北渓「江島記行 兒ヶ淵」

 

解説

魚屋北渓(1780-1850)は葛飾北斎の門人で、この絵のような摺物(暦、狂歌などに絵を添えて一枚摺りにしたもの)をよく描きました。画は遠眼鏡(望遠鏡)で江の島からあたりを眺望しているところを描いていますが、波の線や男性の着物に銀泥を用いるなど、摺物らしい豪華さを出しています。角判摺物縦。制作時期:天保初期頃。

 
Page Top