Fujisawa Net Museum



浮世絵

無題(江の島金亀山)

窪俊満「無題(江の島金亀山)」

窪俊満「無題(江の島金亀山)」

 

解説

窪俊満(1757-1820)は北尾重政の門人ですが、画風は鳥居清長の影響を受けています。この作品は摺物(暦、狂歌などに絵を添えて一枚摺りにしたもの)の特徴である手の込んだ色彩と摺りの技巧が随所に見られます。狂歌は、新泉園鷺丸「春の日のひかりわたりて つちのとの みになる金わ えの島の宮」、花月庵浜辺黒人「島姫の袖しろうらや かたせまて 霞のきぬのもよう美し」とあります。中判摺物横1枚。制作時期:文化6年(1809)頃。

 
Page Top