Fujisawa Net Museum



浮世絵

新板浮絵 江島兒ヶ淵

歌川豊春「新板浮絵 江島兒ヶ淵」

歌川豊春「新板浮絵 江島兒ヶ淵」

 

解説

歌川豊春(1735-1858)は歌川派の祖といわれる絵師です。作品は、正月にちなんで日の出、恵比寿、鯛という目出たい図柄で構成されています。浮絵とは遠近法を用いて描かれた版画のことをいいます。大判横1枚。制作時期:不明。

 
Page Top