Fujisawa Net Museum


江の島を訪れた人びと


進化論とシャミセンガイ

シャミセンガイのスケッチ“On the Systematic Position of the Brachiopoda.”(1873, by Edward S. Morse)より転載大田区立郷土博物館所蔵 

シャミセンガイのスケッチ
“On the Systematic Position of the Brachiopoda.”(1873, by Edward S. Morse)より転載
大田区立郷土博物館所蔵 

解説

 1859年(安政6年)、チャールズ・ダーウィン(Charles Darwin )の「種の起源」が発表され、E.S.モース博士は、進化論との関わりの中で腕足類の研究を進め、ダーウィンの進化論を支持するようになります。そして、この腕足類が日本近海には豊富に生息していることを知り、その研究と資料採集を目的に、1877年(明治10年)6月17日に来日しました。
 モース博士は、来日後思いがけず、開校して間もない東京大学の教授を引き受けることとなり、1877年(明治10年)9月24日、進化論についての講義をしました。これは、日本国内ではほとんど知られていなかったダーウィンの進化論について、初めての本格的な紹介でした。その後も大学のみならず、公開講演の中で進化論について話しました。この進化論に対して、キリスト教の宣教師などからの反発や反論がありましたが、当時の日本の人びとの間ではおおむね受容されました。
 腕足類とは、約6億年前の古生代に出現した小さな海産動物です。ハマグリなどのように2枚の貝殻(ハマグリの貝殻よりも薄い)を持ち、その端から柄(肉茎)が出ている形をしています。貝殻を持っていますが、軟体動物である貝類ではなく、触手動物です。体の左右に貝殻を持つ貝類とは異なり、腕足類は体の前後(背腹)に貝殻があり、その仲間にはホウズキガイやシャミセンガイなどがいます。
 写真は、“On the Systematic Position of the Brachiopoda”(1873, by Edward S. Morse)の表紙や中扉に掲載されているシャミセンガイのスケッチです。

[参考文献]
(1)「モースその日その日:ある御雇教師と近代日本」 磯野直秀 1987年 有隣堂
(2)「黎明期の日本に対するエドワード・S・モースの寄与」 磯野直秀
  (「ザ・ヤトイ-お雇外国人の総合的研究-」所収) 1987年 思文閣出版

  

 

ページトップへ

 

詳細

動物学研究所から荷物を搬出する様子“Japan Day by Day”,FIG.147

ミドリシャミセンガイ 有明海産

 

くわしく

ページトップへ

 

E.S.モース博士の日本国内における「進化論」に関する主な講義

年月日 講義・講演会 備考
1877年(明治10年)
9月24日
東京大学で初めて進化論の講義をする。  
10月 6日
一般を対象として、連続3回の第1回講演を行う。於東京大学法理文三学部講堂  
10月15日
同 上(連続3回の第2回講演)
大森貝塚の話にも触れる。
10月20日
同 上(連続3回の第3回講演)
 

1878年(明治11年)
10月27日

江木学校講談会で、連続4回の第1回講演を行う。 於浅草井生村楼(いぶむらろう)  新聞広告にも掲載され、講演名は、「人種原始論」(ひとのはじめのろん)あるいは「動物変遷論」と呼ばれていました。
10月28日
同 上(連続4回の第2回講演)  
10月31日
同 上(連続4回の第3回講演)  
11月 2日
同 上(連続4回の第4回講演)  
1879年(明治12年)
1月25日
「動物変進論」と題し、連続3回の第1回講演を行う。 於文部省内修文館  
2月 1日
同 上(連続3回の第2回講演)  
2月 8日
同 上(連続3回の第3回講演)  
3月 5日
「動物変遷論」と題し、4月30日までの間に連続9回の講演を行う。
於:東京大学講堂
 この講義内容は、1883年(明治16年)、モース博士の弟子である石川千代松氏(モース博士の講義を受講した時は、東京大学1年生)の翻訳によって、「動物進化論」として出版されました。進化論の紹介書としては、日本最初の本です。
7月 5日
江木学校で「人と猿」と題し、講演を行う。 於浅草井生村楼  
7月11日
慶應義塾で「変進論」と題し、講演を行う。 於浅草井生村楼  
1882年(明治15年)
6月30日
東京生物学会主催の公開講演会で講演する。於木挽町明治会堂  
1883年(明治16年)
1月11日
東京専門学校(現早稲田大学)の授業開始式で「人類の起源」と題し、講演する。  
1月12日
東京大学で「鳥類の爬虫類的性質」と題し、講演する。  

 この「進化論」に関する主な講演一覧表は、「黎明期の日本に対するエドワード・S・モースの寄与」[磯野直秀(「ザ・ヤトイ-お雇い外国人の総合的研究-」所収 1987年 思文閣出版)]の「Ⅴ 進化論の導入」(283頁~284頁)の記述から抜粋し、一覧表にしたものです。

  
 
Page Top